カードローン 審査処方箋

どうしてもお金が必要な方へ
MENU

消費者金融と銀行カードローンでは審査基準が全然違う!?

消費者金融も銀行カードローンもまとめて「カードローン」と言われているわけですが、気になる審査の基準はそれぞれ違うようです。

 

まあ消費者金融と銀行カードローンというくくりだけでなく、業者それぞれ審査基準は違いますので、A社がダメだったからB社もダメかも・・・なんて思わないでください。

 

例えば
Aさんがプロミスに合格したけどBさんは審査に落ちた。

 

でもBさんは楽天銀行カードローンに合格した

 

なんてことは結構よくある話です。

 

それで今回のテーマである、消費者金融と銀行カードローンの審査基準ですが、細かいところは業者それぞれブラックハットに包まれていますので、我々一個人が知る術はないのですが、大体昔から言われていることとして

 

消費者金融の方が銀行カードローンより審査に通りやすいと言われています。

 

これはあくまでも「よく言われている」ことですので、すべての人に当てはまるわけではありませんが、基本的に銀行カードローンの方が審査が厳しいといわれているようです。

 

特に三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなどメガバンクの銀行カードローンは厳しいなんて言われていますけど、逆にそこが狙い目だったりします。

 

銀行側もカードローンを提供しているということは、お金を借りてほしいということですので、さほど神経質になる必要はありません。
ただ、銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、初めてお金を借りる方なら、まずは消費者金融から審査を受けた方が借りれる可能性はグッと上がると思います。

 

初めてお金を借りる方なら、さほど大きな金額を借りることはないと思うので、それなら消費者金融で借りた方がいいでしょう。

 

このページの先頭へ