カードローン 審査処方箋

どうしてもお金が必要な方へ
MENU

おまとめローンとしてカードローンの審査を受けるなら総量規制の知識は必須!

借金を一本する「おまとめローン」が最近流行っています。

 

流行ってるというのもどうかとおもいますが(笑)、複数の借金を一本化することのメリットは意外と大きいです。

 

例えば、ローンをまとめることで支払総額の軽減が可能になるということが挙げられます。

 

一つにまとまればそこの業者だけに返していけばいいので、目標がわかりやすく数字にも結果が表れやすくなりますので返済のモチベーションも上がります。

 

そういった理由などからおまとめローンとしてカードローンの審査を通過させたいと思っている方は多いと思います。

 

しかし、おまとめローンとしてお金を借りる場合は「総量規制」という法律についてキチンと認識しておく必要があります。

 

総量規制とは、年収の3分の1以上の金額はお金を借りることができないという法律です。
この「法律」というのがポイントで、ルールなので破ることはできません。

 

またの3分の1ルールは、他社から借入している金額を「含んだ」ものになっているので、例えば年収180万の方が消費者禁輸で10万借りていたとしたら、新しく借りようとしているカードローン業者からは50万以上は借り入れできないということになります。

 

ここで審査を申し込んだ業者に嘘を言って他社から借入してないといっても、借入情報が記載されているデータセンターに問い合わせれば一発でバレてしまいます。

 

ですので、総量規制に引っ掛かるというのは、上記の例でいうと70万借りようすると引っ掛かるということになります。

 

そうなると、もともと他社から結構お金を借りていて、今回、おまとめローンとしてカードローンの審査を受けようよ思っても、総量規制に引っ掛かり、落ちるのは目に見えてるんじゃないか?と思われる方もいらっしゃると思います。

 

でもそこには法の「抜け穴」があるんです!

 

この総量規制というのは、あくまで消費者金融などの「貸金業法」で運営されている金融業者に限った話なんです。

 

そして銀行が提供しているカードローンは「銀行法」が適用されます。

 

はい!もうお分かりですよね!?

 

銀行カードローンなら総量規制の対象外になるので、まとまったお金を借りるおまとめローンに最適といえるんです。

 

ただ、総量規制内でお金を借りる予定の方なら無理して銀行カードローンでお金を借りる必要はありません。審査も銀行カードローンより消費者金融の方が期待できますので、まずは消費者金融から審査を受けてみることをおすすめします。

 

このページの先頭へ